面接の準備・心構え

企業の採用面接にあたり、企業情報の収集など、事前の準備が大切です。
また面接に臨む心構えもしっかりと持ちましょう。

面接準備

会社概要の確認

面接前に企業ホームページのチェックはもちろんですが、どんな売り場、売り先(取引先)と取り組んでいるか直接お店をリサーチしたり、業界紙の記事をチェックして関連情報を収集しておくと、面接もスムーズです。

デザイン画などの課題準備

デザイナーの方には、事前にデザイン画やマップなどの課題が出されることがあります。与えられた条件に沿って作成し、準備しておきましょう。
またMDや事業責任者などの方には、マーケットリポートや事業計画書などが課題として出されるケースもあります。
課題の準備をするうえで、もし迷うことがあったら、当社からアドバイスすることも可能ですので、ぜひご相談ください。
その他、今までの仕事内容がわかる、カタログやビジュアルの資料も用意しておくと面接時に面接担当者にも伝わりやすく、理解の助けになります。

事前打ち合わせ

面接の前に担当コンサルタントと、年俸、入社のスケジュールなどの再確認や、その他の就職活動との調整をします。面接担当者や面接の流れ、採用条件など、お伝えできることはお知らせします。
その他、気なることがあったら、何でもご相談ください。
スムーズに面接を進めるためには、担当コンサルタントと十分な情報交換をしましょう。

面接当日

CHECK1当日の服装・メイク

企業の社風や職種により服装は合わせていきましょう。
ブランドイメージと相性を重視するところがあったり、アパレル業界ならではの感性やセンスをみている企業もあります。
担当コンサルタントもアドバイスさせていただきますので、ご相談ください。

CHECK2面接には担当コンサルタントが同席します

採用までの流れをきめ細かくフォローするため、担当コンサルタントが同席します。
面接中はあくまでもご本人が主体なので、途中で口をはさむことはありませんが、面接後のサポートをします。仕事内容の確認や、年収を含む雇用条件の交渉を、ご本人に代わってお手伝いします。(状況によりご同席できない場合もございます)

CHECK3面接は自分自身のプレゼンテーションの場です

面接は限られた時間の中で、初めて会う方々に自分のことを理解していただく場です。
自分のキャリア、技能、知識や意欲、会社にどんなことが貢献できるかなど、アピールする内容を事前にまとめておきましょう。
また質問の意図をくみとって、そこから話を発展させて自己アピールにつなげましょう。
カタログなどのビジュアル資料は有効に使えば言葉で説明するより、的確に伝わります。

CHECK4採用会社を知る場でもあります

ご本人にとって、会社や担当者を直に知る良い機会です。質問したいことは、積極的に聞きましょう。この時に事前準備をして、相手の情報が多い方が逆に質問しやすいこともあります。また、相手にとって意欲的な印象を残すことになります。もし直接質問しづらいことがあれば、担当コンサルタントから確認しますので、ご相談ください。

CHECK5面接でよく聞かれること

1 学歴や職歴など自己紹介
2 いままでの仕事内容
3 職種別にスキルを確認する専門的な質問
4 商品、ブランド、店舗についての感想
5 好きなブランド、普段市場調査をしているお店
6 志望動機や退職理由
7 希望年収と入社時期

CHECK6東レエンタープライズのサポート

面接後に不安や疑問が残ったら、担当コンサルタントにご相談ください。
pagetop.png