「面接で緊張」どうすれば良いでしょうか

2017/10/02東京

「面接で緊張」どうすれば良いでしょうか

面接は緊張するものですよね。
面接に同席させていただく機会がありますが、殆どの方が緊張されています。
その企業へ入社したい思いが強ければ強い程、増々、緊張してしまいますよね。
今日はその対策について、少し、考えてみました。

【事前の準備】
  1. その場の雰囲気をイメージしておく。紹介会社へ面接相手が何名位か訊いてみるのも良いですね。
  2. 質問を想定して、要領良く話が出来る様にしておく。職歴、現職の詳細、相手企業の印象等の基本質問の準備は必須です

【当日】
  1. 現地へは早めに着く様にしましょう。
  2. 深呼吸をして体の緊張をほぐしましょう。
  3. オープンな気持ちで話しましょう。「自分を知ってもらう良い機会」と前向きにイメージしましょう。
  4. 相手の話に集中しましょう。緊張を忘れることができます。なるべく相手の目を見ましょう。
  5. 上手く話せなかった時、「すみません、緊張しています」と言葉にしてみると、案外、その場が和らぎ、自身の緊張もほぐれることがあります。

事前準備をして自信をもって話せば、自然としっかりとした人物印象になりますし、オープンな気持ちで話をすれば、親しみやすい印象になります。
更に笑顔があれば余裕ですね

最後に、「緊張をほぐすツボ」のご案内です。
  1. 労宮(手のひらの中央)
  2. 神門(小指側の手首)
  3. 内関(手首から指3本分肘側の中央)
それぞれ、ゆっくりと押してみると良いそうです
体の前で手を組むふりをしてでも出来るので、試してみてください。
後悔しない面接にしましょう
pagetop.png