第6回パタンナーセミナー開催レポート

2017/04/04東京

第6回パタンナーセミナー開催レポート

4月に入り桜の花も一気に咲き始めて、やっと春本番を実感出来るようになりました。嬉しいですね、皆さま、もうお花見の準備はよろしいですか?
一方で4月は新しい年度がスタートし、今までと違う環境や人間関係が思うように運ばす、ストレスが生まれてしまう事もあります。ただそんな時も、先ずは現実を受け止めて真摯に向き合い、努力して乗り越える事で、いつか自分の成長に繋げたいですね

さて今回は私達が昨年スタートし、先日3/25(土)に第6回目を迎えたパタンナーセミナーについてご報告させていただきます。

セミナーは受講していただいた方のご意見等を参考に、試行錯誤を重ねながら、毎回少しずつ内容を変更しています。

今回は講師の山木先生から、セミナーの最初に『パターンのトレンド傾向』『人間の骨格や筋肉の構造』等 クオリティの高いパターンを作図する上で大切な事についてお話していただきました。
実際のパターン作図を指示しながらの説明で、受講された皆さんもポイントをメモしながら、途中にそれぞれの質疑応答等も加え、全体で45分程の座学を終了しました。

座学が終了した後は、すぐに実技の準備に移ります今回もこちらで用意したデザイン画を皆さんにお配りし、4時間程度の決められた時間の中で、トワル組とパターンを作図していただきました。いつもとは違う場所、決められた時間の中で 『実技試験』を体感していただく事を目標にしていますが、実際にはトレーニングなので、途中で先生に質問等していただいても問題ありません。むしろせっかくの機会なので、ここではどんどん先生に教えてもらってくださいね。
予定時間が近づいたところで、出来上がった方から一人ずつ、先生のパターンチェックを受け、個別に注意点等を見ていただきます。
時間が足りない事もあり、皆さん満足な仕上がりにする事は難しかったそうですが、先生の指導を受けて『今迄分からなかった事や自分では気付けなかった事がたくさんあった』 『自分の弱点や改善点が分かった』等の感想をいただきました。
私達も皆さんの『受講して良かった』を励みに、これからもコツコツとセミナーを続けて行きたいと思っています。

次回のパタンナーセミナーは5/13(土)の開催を予定しています。ご興味のある方はぜひチェックして下さいね
pagetop.png