職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方の基本的な5つのポイント

Point.1正確に書きましょう

入社、異動や転籍、退社の年月日は間違えないように、事実を正確に書きましょう。
履歴書・職務経歴書の年号表記は統一しましょう。西暦表記が一般的です。

Point.2A4サイズの用紙に1~2枚にまとめましょう

たくさん書いても、応募者が多いときは、全て読んでもらえないこともありますので、要領よくまとめることが大事です。場合によっては、職務経歴書以外、別紙に自己アピール文を付け加えることもあります。

Point.3見た目もきれい!は大事なポイントです

レイアウトには気を配りましょう。
書類を見る人が読みやすいように作りましょう。
手書きでもかまいませんが、最近は、パソコンでの作成が一般的になっています。
また、当社マイページに職歴情報などをご入力いただくと、職務経歴書が作成できるサービスをご利用いただくことができますので、ぜひご活用ください。

Point.4客観的にわかりやすい情報を記入しましょう

簡単な会社概要や事業内容、会社規模は必ず記入しましょう。

Point.5自分のキャリア、スキルは具体的に書いてアピールしましょう

今までやってきた仕事内容を棚卸して、仕事の流れや担当していた範囲が伝わるように書きましょう。

具体的な書き方

今までの経歴を時系列に記入しましょう

一般的には、古い順に書きますが、外資系に提出する時は、新しい方から書きます。

在籍した会社の概要をまとめましょう

事業内容、社員数、年商等の規模や、代表的なブランド、商品名、店舗名などを記入しましょう。

担当したブランド(または所属部署、グループ)内容を説明しましょう

ターゲット、商品上代、SPAの場合は展開店舗数、OEMの場合は取組先企業、売上規模、展示会数や展示会の型数等の情報も記入しましょう。

どんなポジションで、どのような仕事をしていたかを説明しましょう

チームのメンバー構成(MD、生産管理、デザイナー、パタンナー等の人数)、どこまでの範囲で何をやってきたかを具体的に記入しましょう。

知識やスキル、やる気をアピールをしましょう

自己PR欄などで、仕事の経験を通して身に付けた、知識や技能、得意分野、志望先の企業が興味を持ちそうな経験などを具体的にアピールしましょう。
また、今後に向けたやる気を表現しましょう。

職務経歴書サンプル

職務経歴書のサンプルを職種別にまとめましたので、作成する際の参考にしてください。

職務経歴書のダウンロード

履歴書・職務経歴書のフォームをダウンロードすることができます。
お好きなファイル形式(Word、Excel)を選んでご利用ください。
 

履歴書

職務経歴書

当社のマイページに、履歴書・職務経歴書作成サポート機能もありますので、ご利用ください。※パソコンのみで使用できる機能となります。

マイページ作成はこちら 

ご登録済みの方はこちら(マイページ) 

pagetop.png